平成27年3月に返還されたキャンプ瑞慶覧の一部である「西普天間住宅地区」において、医療や健康をテーマとした特徴的なまちづくりを進めるため、高度医療機能を導入するとともに、高度な治療を行う専門人材の育成、先進的医学研究開発等の機能を集積させた「国際医療拠点」の形成を目指すことが計画され、本学も医学部及び同附属病院の移転を計画している。
 琉球大学医学部及び同附属病院の移転については、経済財政運営と改革の基本方針2016(平成28年6月2日閣議決定)においても明記されており、平成36年度末の移転を目指して検討を進めていく。




移転整備基本計画(平成29年3月22日策定)
・概要【PDF】
・本文【PDF】

移転整備基本構想(平成28年3月9日策定)
・概要【PDF】
・本文【PDF】